palm

2008,8/1

遅れましたが、私のPALM君は6月くらいにポケットより落下し、画面の半分しか映らなくなりました。コネクタでも外れたかと思い分解したところ特に以上はなく、組み上げてみたら電源が入らなくなってしまっていました。止むを得ず懇ろに弔いました。

現在はザウルスを使っています。画面の切り替えに10秒以上かかるので何の役にも立ちません。linuxだからいいと思っていましたが、それは、パソコンでの話で、PDAでlinuxは無理です。しょうがないのでhp miniでパームデスクトップを動かし持ち歩くことを試し、それでよければそれで、だめならパームの英語化に踏み切るかと思っていますが、hp miniが発売開始すぐに売り切れを繰り返しなかなか購入できません。

2008,5/9

バックアップは毎日しているが、もうHotsync前のバックアップはしてない。喉元過ぎれば熱さ忘れる...だ!

2008,4/8

その後のパームは絶好調だ。palmusbd.sysとCPU0に固定でたぶん正解。でも、データが飛ぶのは怖いから一応バックアップしてから辛苦している。ホット辛苦。

2008,3/24

日本語化すればいいんじゃん。なーんだ。

2008,3/18

HOT SYNCでブルースクリーンを出し、データが全部飛ぶことが頻発した。よく調べるとPALM USAにCPU0でないとだめだと書いてあった。しかし、CPU1にしても今はブルースクリーンが起きない。とりあえず、srv_paffとかいうフリーソフトでプロセッサの関係をCPU0に固定し、HOT SYNC前に必ずデータをバックアップするということで、しばらく使ってみる。どうしてもだめならザウルス。そして、Palm Desktopが動かなくなったらOutlookだ。どんどんださくなる。

もっと調べると、それでは改善されず、互換モードで動かすとか、palmusbd.sysを1.4にすれば直るとかHyperthredをOFFにしろとか色々出て来た。とりあえず、palmusbdを英語の1.4に代えた。Win95モードでは動かなかった。

2007,4/13

HOT SYNCでハングった。ハードリセットでも回復せず、バッテリー脱着を何度も繰り返してやっと回復した。もうだめだ。なんかしらんがマザーかメモリーかがおかしくなっているようだ。アメリカに行けばPALMに携帯ついたのが売ってるんだけどな。日本ではW-ZERO3というのがPHS+無線LAN+Windows mobileで比較的よさそうに思える。USBのハードディスクがつなげるんなら実はすごくよかったりして。出張も本気で仕事するとき以外はこれで十分だったり。

2006,10/6

4年ほど前にpalm m130を買った。電池が持たなくなったので交換しようとしたが、パームジャパンは消滅している。業者に出すとしばらく使えなくなる。palmが使えないと非常に困るので、laptop for lessというところから交換用バッテリーを購入した。工具は付属すると書いてあったがただのドライバーを送ってきた。文句を書いてメールを送ったがなしのつぶてである。しょうがないので特殊ドライバーで検索して国内業者からm130用のドライバーを購入。バッテリー自体も信用できないので交換はペンディングしてきた。ついに、とんでもなくバッテリーの減りが早くなったので(一日持たない感じ)やむを得ず交換した。結構大変だった。正直言ってあまりやりたくない。これを職業にするのはつらいと感じた。普通の人は業者に出した方がいい。その間はPalm desktopの印刷と手帳で何とかしのごう。詳細を教えて欲しい人には教えてあげます。

しかしcrieもやめたみたいだし将来を考えるとwindows CEとかの類に乗り換えるしかないよな。やだなー。