アイドリングストップでは大してガソリンを節約できない!

アイドリングを止めると1秒あたり約0.2 mlのガソリン消費節約になる。再始動には約1 ml要するので、5秒以上止めればガソリンの節約になる。スターターは6万回はもつらしい。

10年乗るとして、毎日乗るなら1日16回までOKである。サンデードライバーなら112回/日である。それ以上やると、スターターがいかれる可能性があり余計な出費になる。いい加減だがスターター修理2万円として、年2000円。リッター120円として、17リットル。17000 mlだから1年あたり85000秒止めれば確実に得である。毎日乗る人で1日あたり232秒、サンデードライバーで1日あたり27分となる。

もともとばかすかアイドリングしてるいまどき珍しい人を除けば、なかなか難しいかもしれない。普通の車であれば、毎日乗る人は、1日あたり16回以内に押さえてスターターを温存した方がよいだろう。サンデードライバーなら思う存分やっても大丈夫そうだが、やはり、大き目の交差点でぎりぎり行けなかったようなときに限った方がいいかも知れぬ。ちなみに、私の車では、ウインカーが消えるので右左折時はNGである。

寒冷地では、窓が氷結するという致命的な短所もある。寒いときはやめた方がよい。暑いときはエアコンを切って窓を全開しておけば大丈夫だ。最初からエアコンのない車を買えば車重が軽くてさらに燃費がよい。

ガソリンの高騰があってからみんな速度控えめになった。事故も減ってめでたしめでたしだ。意外と渋滞も減ってるんじゃないだろうか(最近は車にほとんど乗らないのでよくわからない)。

しかし、1日300秒やっても60 mlで、7円くらいだな...やる意味あるのか?ライン取りを工夫したり、近道を探検して走行距離を減らしたほうが効果あったりして。

参考:http://www.eccj.or.jp/idstop/inspection/index.html